筋肉メシ

競技者が教える!ベースブレッドが筋トレ民におすすめな3つの理由

この記事で解決できるお悩み

  • ベースブレッドは筋トレ民と相性が良いの?
  • パンだから栄養成分が気になる!
  • ベースブレッドを日々どうやって活用すれば良いの?
  • ベースブレッドを最安で手に入れる方法を知りたい!
ザウルスくん
現在筋トレ歴4年半で、BIG3:515kg(BP:145kg DL:200kg SQ:170kg)を挙げる現役パワーリフターです。

今回は上記のお悩みを解決していきます。

実際にわたしは、ベースブレッドを朝食に活用しています。


ご紹介する「ベースブレッドが筋トレ民におすすめな3つの理由」を読むと、ベースブレッドが筋トレ民にとってすごく魅力のある食べ物だとわかりますよ!

また、「ベースブレッドを活用した献立」や「ベースブレッドを活用するタイミング」もお伝えしているので、ぜひチェックしてみてくださいね。


「今すぐベースブレッドを最安で購入する方法を知りたい!」という方は、「ベースブレッドを最安で購入する方法」へ進んでください。

ベースブレッドが筋トレ民におすすめな3つの理由


パン=高カロリーで筋肉には良いモノではない」とイメージしている方も多いでしょう。実際、わたしもその一人です。

しかし、ベースブレッドはそのイメージを覆してくれました。

以下では、ベースブレッドが筋トレ民におすすめの3つの理由をご紹介しますね。

ベースブレッドが筋トレ民におすすめの3つの理由

  1. 1袋でタンパク質13.5gを摂取できる
  2. 噛んで食べられる栄養食である
  3. 調理する必要がない

1袋でタンパク質13.5g摂取できる


筋トレ民なら必ず気になるタンパク質の含有量。

ベースブレッドはどの味のパンでも1袋で13.5gのタンパク質が摂取できます。


たんぱく質の必要量は、成人だと体重1kg当たり1日1gが目安です。

トレーニングやスポーツをしている場合は、さらに多くのタンパク質が必要で、体重1kg当たり1.4~2gが目安になります。

タンパク質必要量



公式サイトでは1食2袋を推奨されており、2袋食べると27gのタンパク質を摂取できます。

食事管理が大変な筋トレ民にとって、ベースブレッドはすごく重宝するアイテムですね!

噛んで食べられる完全栄養食*である


ベースブレッド以外の完全栄養食*の多くは、液体の製品が多く、あまり食べた気分にはなれませんでした。

「栄養を摂るためなら液体でも仕方ない!」と割り切れる方は素晴らしいですが、みんなが割り切れる訳ではありません。
※わたしは液体だと食べた気になりません...

しっかり噛んで食べられる完全栄養食*のベースブレッドはすごく貴重だと感じます。

調理する必要がない


なんと言っても、袋から取り出すだけですぐ食べられる点は大きな魅力です。


筋肉メシを毎日作り続けるのは大変...

朝の限られた時間や仕事で遅くなってしまった夜、自炊が面倒なときは特に料理はしたくないですよね。

タンパク質をサクッと摂れて、袋は捨てるだけのベースブレッドは時短メニューとして、あなたの味方になってくれます。


もちろんそのまま食べられますが、電子レンジでチンするとより一層美味しくいただけますよ!


>>>ベースブレッドを詳しくチェックする

筋トレ民が気になるベースブレッドの栄養成分


以下では、筋トレ民が必ずと言っていいほど気になる栄養成分をチェックしていきましょう。

それぞれの味の特徴や個人的おすすめもお伝えしますので、読み進めてみてくださいね!

プレーン

ベースブレッド プレーン
出典:BASE FOOD公式サイト


プレーンは素朴のひと言に尽きます。

ただ、1袋で205kcal、脂質5.4gは魅力的な数値ですね。


個人的には、シンプルで素材本来の味を楽しむことができるので、定期購入しています。

レンジで温めるのではなく、トースターで焼くと美味しさが大幅アップしますよ!

また、アレンジして食べられるので、汎用性はかなり高いです。

チョコレート

ベースブレッド チョコレート
出典:BASE FOOD公式サイト


チョコレート味はデニッシュ感があり、菓子パンコーナーに並んでいても不思議ではないです。

ただ、見た目よりもチョコレート感は少なく感じました。

ほんのり甘いため、小腹が空いた午後に重宝します。


常にストックしておきたい味と言っても過言ではありません。

メープル

ベースブレッドメープル
出典:BASE FOOD公式サイト


メープル味はミニサイズのパンが2つ入っており、片手でサクッと食べられます。

袋を開けると、メープルシロップの香りが漂うのですが、食べてみると、メープル風味といった感じでした。


チョコレートよりも甘みは強いため、「罪悪感なく甘いパンを食べたい!」という方にはもってこいです。

シナモン

ベースブレッド シナモン
出典:BASE FOOD公式サイト


シナモン味もメープル同様、1袋にミニサイズのパンが2つが入っています。

食べた感想としては、甘さ控えめシナモンロールといった感じでした。


スパイシーな香りもあるため、紅茶などと合わせると至福のひと時を過ごせるでしょう。

カレー

ベースブレッド カレー
出典:BASE FOOD公式サイト


個人的に最もおすすめしたいのが、唯一の惣菜パン、カレー味です。

ベースブレッドのカレーパンは揚げずに作られている点が特徴!


ペースト状のカレーが中に入っており、ピリッとした辛さがたまりません。

惣菜パンが好きな方にはぜひ食べていただきたいパンです。


わたしは基本的に毎朝、ベースブレッドのカレー味とプロテインを食しています。

そのままだともっさり感が強いので、電子レンジで温めたり、トースターで焼いて食べることをおすすめします。

筋トレ民におすすめのベースブレッドを活用したメニュー


筋トレ民におすすめのベースブレッド活用メニューと言えば、「ベースブレッド×プロテイン」でしょう。

ベースブレッド1袋とプロテインをセットにすると、1食で約33.5gのタンパク質を摂取できます。

ベースブレッド×プロテイン


セール時にマイプロテインでプロテインを手に入れると、プロテイン1杯当たり約40円で飲めます。

そのため、ベースブレッド代(約200円)と合計しても1食約240円です。

240円は、コンビニのサラダチキン1個の値段。

240円でタンパク質だけではなく、ビタミンやミネラルといった栄養素も摂れるため、筋トレ民はベースブレッドを活用しない理由はないでしょう。

ベースブレッドを詳しくチェックする


ベースブレッドを活用するタイミング


筋トレ民がベースブレッドを活用するタイミングは2つあります。

1つ目は朝食のタイミング、2つ目は間食(おやつ)のタイミングです。


以下では、それぞれのタイミングでの活用法をお伝えしますね。

朝食のタイミング


朝食のタイミングでは、先ほど紹介した「ベースブレッド×プロテイン」がおすすめ!

朝からあらゆる栄養素とタンパク質を満足いくほど摂取できます。

実際わたしは、「ベースブレッド×プロテイン」を朝食にしてから、毎日調子が良いです。

間食(おやつ)のタイミング


間食(おやつ)のタイミングでは、罪悪感の低いおやつとして重宝します。

腹持ちが良いため、ベースブレッド1つで満足感があります。

あらゆる栄養を補給しつつ、小腹を満たすためにベースブレッドは最適です。

ベースブレッドをお得に購入する方法


ベースブレッドを購入する方法は主に3つあります。

ベースブレッドを購入する3つの方法


・公式サイトで購入する
・Amazonや楽天で購入する
・ファミリーマートやゴールドジムなど実店舗で購入する


中でも圧倒的にお得に購入できる方法は、「公式サイトで購入」です。

下の表で見比べると、公式サイトでの購入がお得であることが明確ですね!

公式サイト
(初回購入)
公式サイト
(継続コース)
Amazon
楽天
実店舗
プレーン156円175.5円243円237円
チョコレート164円184.5円249円248円
メープル172円193.5円261円259円
シナモン172円193.5円261円259円
カレー180円202.5円274円270円
1袋あたり(税込)


初回の注文時は「継続コース」を選択するようにしましょう。

誤って1回のみのお届けにしてしまうと、初回の20%OFFの適用が受けられないので要注意です。

また、amazonpayに対応しているため、Amazonのアカウントがある場合は面倒な配送先の入力やクレジットカードの登録をする必要がありません。

>>>ベースブレッドを詳しくチェックする


「継続コース」とは言うものの縛り回数などはないため、1回で解約できます。

もし継続する場合、2回目以降は10%OFFが適用されるため、ベースブレッドのある生活を続けられますね!


※スタートセットなどの既存メニューではなく、自らパンの味や数量を指定して購入もできます。

ベースブレッドを活用して、時短でタンパク質を補給しよう!


ボディメイクをする場合でも、日々の食事は楽しみたいですよね。

食事を楽しめなくなると、ストレスが溜まったりもしてしまいます。

ベースブレッドをうまく取り入れ、パンを食べる楽しみを持ちつつ、筋トレに励んでくださいね!


まずは、スタートセットから始めてみて、お好みのフレーバーを見つけるのも良いかもしれません。

ベースブレッドを詳しくチェックする

※公式サイトでの購入が最もお得です。「継続コース」にするのをお忘れなく!

完全栄養食*:栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

  • この記事を書いた人

みきてぃー

『日々の話題をアップデート』をテーマに明日誰かに話したくなることを発信中
24歳 │ ブログ歴1年半 │ 筋トレ・パワーリフティング⇒BIG3:515kg(BP:145kg DL:200kg SQ:170kg) │ 金融メディアディレクター案件担当中 │ FP2級 │ 簿記2級 │ 旅(45都道府県制覇。残り秋田・高知) │
※ザウルス系の顔とよく言われます

-筋肉メシ
-, , ,