サプリメント

schiek(シーク)のリストラップが手首保護に超絶おすすめ

みなさん、筋トレ中に手首が痛くなったことありませんか?

ちなみに私はあります。
かなり痛かったことを覚えています。

そのときに出会ったのが、、、

そう、リストラップです。

私はリストラップを購入したおかげで筋トレの水準が爆上がりしました。

これをみなさまにも感じてもらいたい!

そう思い、今回は記事を書いていきます。

「リストラップっているの?」
「リストラップを使うトレーニングって何?」
「おすすめのリストラップとかあるの?」
「リストラップの巻き方がわからない」

「具体的な効果はあるの?」

こういった悩みを持っている方はぜひ最後までごらんください!

それではまいりましょう。

・リストラップって必要?

「リストラップってトレーニング上級者が使うもの」

そう考えている方は多いはず。

この疑問にとりあえず答えておきますと「No!」です。

リストラップは手首に巻き付け、手首をサポートする形のトレーニングギア。

手首の可動域を制限し、過伸展を防いでくれます。

特にプレス系の種目ではマストアイテムです。

つまりトレーニングをしている方は手首を守るという観点から必須のアイテムということです。

リストラップがなければ...
筋トレを継続する

扱う重量が大きくなる

手首への負荷が大きくなる

ケガにつながる

この負の連鎖が発生してしまいます。

ケガをしてしまったら筋トレすらできなくなってしまいます。

実際私は2年程前、ベンチプレスをしている際に手首が「グキッ!」となり、1ヶ月ほど思うようにトレーニングできませんでした。
そこでリストラップを購入することを決意しました。

みなさんには痛い思いをして欲しくない。
思い通りのトレーニングをして欲しい

そう願っています。

リストラップを買うのはケガをしてからでは手遅れですよ!

・リストラップを使うトレーニング

主にプレス系で使います。

  • ベンチプレス
  • ダンベルプレス
  • ショルダープレス
  • スクワット

具体的にはこのような種目で使用します。

「プレス系はわかるけど、スクワットも?」

こう思った方は鋭いです!

実はスクワットでも役立つのです。

スクワットと言っても、担ぎ方が様々です。
ローバーで担いで高重量を扱う際は手首を痛めてしまう可能性があります。

この現象を防ぐために、スクワットでも必要なのです。

・リストラップはschiekがおすすめ

schiekのリストラップ

他のブランドも試しましたが、結局Schiekにたどり着きました。

Schiek社は本場アメリカ生まれで、トレーニングギアメーカーとして25年以上の歴史があります。

安心感が違いますね!

ゴールドジムのリストラップも使い勝手はたしかに良かったです。

しかし、すぐに繊維がほつれてきたり、マジックテープがダメになってしまったりと長期的に使うことができません。

一方でSchiek社のリストラップは使用して1年ほど経ちましたが、繊維のほつれ等もなく、マジックテープの粘着力も健在です。

リストラップはSchiek社で決まりですね!

・長さは12インチ(30cm)と24インチ(60cm)どっちが良い?

Schiek社のリストラップには、長さが12インチ(30cm)24インチ(60cm)のリストラップが販売されています。

「長さが12インチ(30cm)と24インチ(60cm)のリストラップがあるけどどっちが良いの?」

こういった悩みが出てきますよね。

結論からいうと、「これは人によります」

ただ私の個人的な意見としては24インチ(60cm)の方がが良いと思います。

リストラップ とスリッパで長さ比べ

25〜27cm用のスリッパと比べるとかなり長いことがわかります。

たしかにこんなに長いと、「付けたり、外したりすることがめんどくさい」といった意見が出るのもわかります。

ただ、それを超えるメリットがあるのです。

  • 長い方が手首をしっかり固定できる
  • 安定感が違う
    →思い切って高重量に立ち向かえる
  • 筋トレを継続していたら長い方が良くなる
    →扱う重量が大きくなるから
  • 大は小を兼ねるともいう

もちろん最初は12インチからでも問題ありません!

ただ、いずれ買い替えるなら最初から24インチでいいと思います。

「初心者でリストラップをつけるなんて恥ずかしい」

そう思っている方に伝えておきます。

全く恥ずかしくないですよ!
むしろ筋トレ頑張っていると感じ、応援したくなります。

また、ケガを予防するためにも付けた方が良いです!

ケガをして、筋トレを嫌いになって欲しくないので...

・schiekリストラップの巻き方

では、実際にリストラップの巻き方をみていきましょう。

簡単なのでご心配なく。

至ってシンプルですよね。
初めてでも大丈夫!

ただ、リストラップには左右があるので注意!

キツく締めすぎちゃうと、血流が悪くなり、逆にパワーが出なくなるので気をつけて。

・リストラップを使って感じた効果

ベンチプレスやショルダープレス、スクワットの全てで大きな効果を感じました。

約半年で、
ベンチプレスは102.5kg→130kg
ショルダープレスは20kg→32kg
スクワットに関しては120kg→165kg
まで伸びました。

リストラップがあると手首の安定感が段違いなので、高重量に立ち向かうことができる

その結果だと思います。

たしかにMAX がこんなにも伸びたのは「トレーニングを継続しているから」という部分もあると思います。

ただ、リストラップを購入していなかったら確実に手首を壊していたと思います。

本当にリストラップに出会えて良かったです。

・まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

「リストラップっているの?」
「リストラップを使うトレーニングって何?」
「おすすめのリストラップとかあるの?」
「リストラップの巻き方がわからない」

「具体的な効果はあるの?」

この悩みは解決できたでしょうか。

リストラップをトレーニングの新たなサポーターとして迎え入れませんか。

お求めはこちらから

2020年7月9日現在、Amazonでのみ販売されているので、お求めはAmazonから!

お値段は赤色が最も安く、税込3000円です。

個人的にはあまり人とカブらない
ピンクがおすすめです!

ではまた。

「筋トレはまだはじめたばかり」
といった方にはこちらの記事もおすすめです。

[Link url="https://mikitydazeblog.com/bodymake/fitness-motivation-training-gear/"]

 

  • この記事を書いた人

みきてぃー

『日々の話題をアップデート』をテーマに明日誰かに話したくなることを発信中です。
24歳 │ ブログ継続1年 │ ブログ初月の収益472円 │ 筋トレ・パワーリフティング⇒BIG3:505kg(BP:145kg DL:190kg SQ:170kg) │ 簿記2級 │ 旅(45都道府県制覇。残り秋田・高知) │
※ザウルス系の顔とよく言われます。

-サプリメント
-