ヒッチハイク で東北[本州最北端:大間岬]へ! vol.3

2日目の前半で仙台の手前の菅生PAまでやってきた私たち。
時刻は16時。

今日の目標を変更し、盛岡を目指すことに。

この選択が吉とでることになるとは思ってもいなかった。

・2日目後半戦

①目指すは盛岡

菅生PAは工事中だった。
思っていたより小さいPAだが、人はかなり多い。

とりあえず喜多方ラーメンを食らって腹ごしらえ。
シンプルに美味しかった。

そして、ヒッチハイクを再開。
ここも安心して、プレーできそうだ。

その予想通り、掲げてすぐに1台のマイクロバスが!
中で宴会をしているおじいさん方が、
「仙台まで乗ってけ!」と。

悩みに悩んだ結果、もう少し粘ることに。

粘る選択が功を奏し、その10分後に1台のベンツが目の前に止まった。
「岩手の一関まで行くから乗せてくよ」と。
「岩手」という言葉が耳に入った私たちは即決しました。

一関にある実家に帰省する途中とのことでした。
自宅の場所が近いということもあり、地元トークで盛り上がりました。
気づけば、降ろしてもらうことになった長者原SAに到着していました。

宮城県にいるときの位置情報

シンプルにベンツの乗り心地の良さには感動しました。
至福のひと時でした。

気づけばもう仙台を超えていました。
目指せ盛岡!

②夢のある2日目 

長者原SAに到着した頃には、日が暮れそうだった。
時刻は17時半。

急がないと。
真っ暗になったら可能性が低くなる。
そう考え、ヒッチハイクをすぐさま再開。

とにかく寒い。
次の車に乗れなかったら、今日もSAで泊まることになる...
それだけは避けたい。

開始して30分経過。
ダメか...

1時間経過...

おっと、ここで1人の女性が近づいて来るでは!
もしや、もしや。
「乗ってきます?」

ここで救世主現る!
そう思い、乗せていただくことに。

話を聞いてみると、なんと青森の実家に帰省するとのことでした。
ただ、今日は盛岡にいる友人と会うので、盛岡まで行くとのこと。

車でいろいろと目的地が大間であることを伝えると、
「明日も乗せてあげる!」と。

こんなことがあるのかと。
嬉し過ぎて、どう表現すれば良いのかわかりませんでした。

夜ご飯には、「盛岡冷麺」がオススメだということで、
盛岡に着いたら、盛岡冷麺を食べることに決めました。

オススメのお店の前で降ろしていただきました。

「明日は10時頃迎えに行きます!」

こんな安心感のある言葉はあるのか。
嬉しい限りでした。
そして私たちはオススメのお店へ。

・2日目を終えて

2日目の移動距離はなんと、、、

475km

盛岡にいるときの位置情報

これにはかなりの驚きでした。
明日ゴールするのではないかという淡い期待を持ちながら、
オススメの盛岡冷麺を食べました。

私たちが行った店は「食堂園」というところで、
盛岡冷麺発祥のお店でした。
まずは、焼肉を堪能。
絶妙な脂のバランスにビールがすすみます。

ロースを玉子ににダイブさせて、ご飯の上に。
これがたまりません!

そしてシメに盛岡冷麺を。
今まで食べた冷麺とは大違い。
麺のコシが全然違いました。

大変美味しゅうございました。

明日に向けた良い腹ごしらえができました。
明日のゴールを信じて、私たちは眠りにつきました。
いよいよ3日目へ

[Link url="https://mikitydazeblog.com/gourmettravel/travel-hichhiking-vol-4/"]

  • この記事を書いた人

みきてぃー

『日々の話題をアップデート』をテーマに明日誰かに話したくなることを発信中です。
24歳 │ ブログ継続1年 │ ブログ初月の収益472円 │ 筋トレ・パワーリフティング⇒BIG3:505kg(BP:145kg DL:190kg SQ:170kg) │ 簿記2級 │ 旅(45都道府県制覇。残り秋田・高知) │
※ザウルス系の顔とよく言われます。

-
-